相棒10~7話・すみれ色の研究 感想

遅くなって本当にすみません~つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

もう何話まで行ってるねん~って感じになっちゃって…本当にすみません(;^ω^)とりあえず
このあたりの話の感想は凄いザックリになっちゃいますがお許し下さい。なるべく早くに
リアルタイムの話数に追いつける様に頑張りますので((。´・ω・)。´_ _))ペコ。手抜きです

第7話「すみれ色の研究」あらすじ →写真入あらすじ
女性研究員が首を吊った状態で発見された。後日、「父は疑われているのでしょうか?」と
右京のいない特命係に一本の電話が入る。出たのは尊。電話の相手は女子高生。
父親(柴俊夫)というのは、女性研究者の共同研究者だという。電話を受けた尊が研究室へ
向かうと、なぜかそこにはすでに右京の姿があった。女子高生の父親は右京の大学時代の
友人だという。その父親を庇うようにも見える右京の言動に尊は反発し、1人で捜査を進めるが…


う~ん、犯人の動悸は何かちょっと安易やったけど(嫉妬ってやつですよね)この話は
事件云々よりも「親子のすれ違い」「父親の娘への思い」だったんじゃないかと思います。
母親の死因を知ってる父親が自分の娘の為に(母子感染への恐怖)研究をしてる事が
娘には伝わらず…と言うか父親は言えなかった…話の最後で娘と静かに語らい始める
シーンがあったけどここでどういう話になったのかと…。そこを視聴者に思いをめぐらせる
ところの描写は「相棒」ですわね。

…に、しても右京さんの友達って何か「マジで?」って感じもしたんですが(初期の右京さん
なら考えられなくて(;^ω^))この柴さんの役柄も相当な方だったんで納得しちゃい
ましたけどね。…そして、何気に女子担当になってる神戸君なのです。何か大概女子が
絡んでますね(ここは薫ちゃんとはまた違った描写で面白いんですけどもね)

相棒10~すみれ色の研究

いつもご訪問ありがとうございます。
どうか一押しお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ
何かございましたら拍手コメかメールフォームのツールからどうぞ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: