相棒10~4話・ライフライン 感想

アカン…泣きそうになったうあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ

櫻井さんの脚本で、今の日本の縮図って言うか弱い物~強い物って見せられた気がする。
こういう言い方って嫌だけど、きっとほんの一握りの縮図だと思うんだけど…本当にこういう
事が今の不景気な日本ならありそうなんだもん。櫻井さんの脚本ってこういう社会派ネタに
いつも脱帽です。…確かに1回見ただけじゃ「?」って思う事もあるけど←私がバカ

ちなみにこの「ライフライン」のオマージュ的な作品が「Season9」の「ボーダーライン」では
ないかと思っております(これも桜井さんが脚本・これは派遣日雇い~ホームレスに堕ちていく
青年の話なんですが…ちょっと繋がっているかと)ボーダーラインのあらすじ

第4話「ライフライン」あらすし →写真入あらすじはこちら
「帯川運送」の社長・帯川(林和義)が何者かに殺害された。会社の経営に行き詰まっていた
帯川にはあちこちに借金のある多重債務者だった。伊丹(川原和久)ら捜査一課は、借金の
連帯保証人になっていた妻の郁美(立原麻衣)が、夫の保険金目当てで殺害したのでは、と
疑惑を抱くが…。一方、右京(水谷豊)と尊(及川光博)は帯川の携帯に残されていた
新潟行きの小包の写真を調べ始める。帯川の借入先の1つ、「緊急互助会」が、無利子で
金を貸し出す同業者の組織だったことがわかり、さらに新潟行きの小包を配送する仕事が
「緊急互助会」の副会長・青木(青山勝)の会社「青木配送センター」に回されていたことが
明らかになる。金に困っていた帯川がなぜ人に仕事を譲ってまわしたのか…?


これって「ミイラ取りがミイラになる」って言い方は良くないんだけど、そういう風に
感じました。帯川さんは自分の会社を救う為にやりたくもない同業者からの借金の
取立てしてました…これ程辛い事はないですよね(;・∀・)自分がヤミ金で借りた金も
返えさないといけないし、そして自分の仲間の借金も…最後に青木さんが帯川さんの
姿を見て刺した場面は本当にどちらが被害者、加害者になってもおかしくないんじゃ
ないかと思った。あの帯川さんの刺された後のあの顔は安堵の顔してた。

今の日本は景気悪いし、人切だってあるし、上層部の人だけが私腹を肥やしている…
この話はそういう面を訴えているかの様に感じたし、被害者、加害者の家族にも
降りかかるし…あの少女が右京さんや神戸君に訴えたあのシーンは辛かったなぁ…

でも、最後に「花の里」のオチでクスッてなっちゃうのが「相棒」なんですよね。

相棒10~ライフライン4話

いつもご訪問ありがとうございます。
どうか一押しお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ
何かございましたら拍手コメかメールフォームのツールからどうぞ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: