相棒10~2話・逃げ水 感想

えっと…立て続けにですが…第二話の感想も書きたいと思います~( ^ω^ )
ここでは「Season7」で法務大臣役で出てらした渡哲也さんが「弁護士」として登場を
されてますよ。(あの話自体はイマイチやったけど(;・∀・)右京さんが一人の時ね)
で、これって「Season3」の11話「ありふれた殺人」のオマージュって感じがします
(脚本も同じ櫻井さんでしたから…(11話のあらすじはこちら→( `・∀・´)ノ

第2話「逃げ水」あらすじ
5年前に新開拓海(和木亜央)という青年を殺害、5年の懲役刑を終えて出所したばかりの
川北誠也(川野直輝)が何者かに殺害された。現場の状況から怨恨による犯行とみられ
容疑者として拓海の父・新開孝太郎(綿引勝彦)が浮上する。「犯人の刑が軽すぎる」と
損害賠償を求める民事訴訟を起こしていた孝太郎。その弁護士となったのが、元法務大臣の
瀬田(渡哲也)とわかり、右京(水谷豊)と尊(及川光博)はさっそく会いに行く。瀬田に
よると川北は1億円あまりの賠償金の支払いを命じられていたが、いまだに一度も払われて
いないという。被害者夫妻を守ろうとする瀬田。 しかしそんな中、意外な人物が川北殺害を
名乗り出て右京と尊は凍りつく…。
 写真入あらすじはこちら

今回は被害者家族と共に、加害者家族の方からも見た話になってますね。私達は
新聞等の情報では被害者家族の事をよく見るし、辛さや悲しさを文面や画像で感じ
取れますけど…加害者の方も苦しんでる人も居ると(川北君のあの態度は…ですが
加害者がみんなああではないと思うけど)…きっと殺害したお姉さんはそういう所で
自分が…って追い詰められたのかもしれない。父親の崩れ落ちる姿が悲しい。

被害者のご両親も辛く重たい気持ちをずっと持ち続けて行くんですもんね。人の命は
お金の問題じゃない…ですし、金額云々じゃないけど、そういう方法でしか「謝罪」に
ならないのも何だかやるせないですよね…(>ω<;)

人の命って戻らないし、お金を貰ったからってその人は生き返らないし…でも今の
日本だと「賠償金」でしか報われないのかと、少し悲しく考えたお話でした。

相棒10~逃げ水2話

いつもご訪問ありがとうございます。
どうか一押しお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ
何かございましたら拍手コメかメールフォームのツールからどうぞ


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: