相棒9~3話・最後のアトリエ

一週間ぶりの相棒ですね~1話、2話と重たい話だったので(ちょっと期待はずれに
なっちゃったんですが(´;ω;`))今回のお話はちょっと趣が違うので楽しみにしてました。
ハードな話の「相棒」も好きだけど、こういうお話も好きですね~「相棒」のサイト

第3話「最後のアトリエ」
イベント運営会社社長・三木の他殺体がオフィスで発見された。現場に落ちていた書籍の
新刊案内に目を留めた右京(水谷豊)は、夭折した天才画家・有吉比登治の生涯を描いた
小説本から落ちたのではないか、と推測。調べると、三木の会社は有吉の回顧展を請け負って
いた。その回顧展では有吉が死の直前に引き裂いた最後の作品『晩鐘』も展示されるという。
三木のオフィスを訪ねた右京と尊(及川光博)は、有吉の友人だった榊(米倉斉加年)と
いう老人と出会う。回顧展に提供した有吉の手紙を自ら確認する榊その作業を見た右京と
尊はささやかな疑問を抱く…。一点の名画に秘められた殺人事件の謎に右京と尊が挑む!


いや~良かったです。内容は結構中盤付近で「もしかしたら…」って思ったりもしたんですが
この「人間性あふれる話」にぐいぐい魅かれちゃいました。私は太田さんの作品が好きで
特にこういった「人間性を感じるドラマ」に魅力を感じます。榊さん役の米倉さんの演技も
本当に素晴らしかったな~本当にこういう芸術家の方が居そうですもんね。

この話は殺人のトリック云々よりも、有吉さんと榊さんとの長年の仲と言いますか関係と
言うか、そういうのが浮き彫りになってた様な気がします。有吉さんと榊さんとの手紙の
内容とか見て、私は始め「有吉さんは榊さんをバカにしてるのかな?」とか思ったのですが、
決してそういう感じではないな~って思ったのです。芸術家の方独特の表現って…。

自分は一応そういう学校に行ってましたので、何となくですが少しは感じる部分がありまして
(もちろん、こんなに凄い絵が描けるとかじゃないですし、本格的な絵画とか習ってないし)
友達と言うか「ライバル」「敵視」って感じにもなるし「良きアドバイザー」にもなるし
こうして切磋琢磨して行くのかな~って。榊さんと有吉さんもそうだったのかと…。

榊さんが過ちを起こしたのは「有吉さんの人生をきちんと伝えてほしい」って気持ちが
そうさせたのかと…ライバルでもあり、若くして逝った友人の生き方を展覧会の客寄せに
変えられるのが辛かったんでしょうね~。でも、その事件でまた主催者側が「この事件を
展覧会を盛り上げる為に…」って言った言葉…結局こうなっちゃうのですかね…。

3話目でたまきさんが登場されましたね~。やっぱり「花の里」の場面はほっこりとして
好きですね~。こういう「ほっこり」なのも合うのが「相棒」なのかな~って思います。

相棒3話・最後のアトリエ(
すみません~使い回しですww

いつもご訪問ありがとうございます。愛の一押しお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ

ブログランキング・にほんブログ村へ







スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: