853~刑事・加茂伸之介…5話感想

次の話が始まる前に何とか更新です(>ω<;)ふぅ・・・皆様、失礼しました。
え?別にどっちでもええって(;^ω^A ァセァセ。まぁ~そうなんですけどね。

第5話「二連指輪の謎、容疑者を愛した刑事」あらすじ
とある不動産屋の従業員が殴打され、意識不明の重体になった。彼は事務所を荒らしている
犯人と鉢合わせになり、あわてて110番通報するものの、電話が通じる前に襲われたと見られる。
現場には若い女性のものと思われる、ピンクゴールドの指輪が落ちていた。

その夜、酒井十一(林 剛史)と真島航輝(戸次重幸)らは合コンへ。たまたまその話を聞きつけた
加茂伸之介(寺脇康文)は無理矢理合コンに乱入し、女の子たちと盛り上がってしまう。そんな中で
真島はお互い気乗りのしない女性・氷川唯(小松彩夏)と店を抜け出し帰ろうとする。そのまま
別れようとする真島に「相談があるので、お茶を飲みませんか?」と誘う唯。真島は唯に付き合い
帰り際にメールアドレスの交換をする。

翌朝、不動産屋強盗事件の特別合同捜査本部が立つ。現場から発見された手袋痕が、捜査三課が
追っていた連続窃盗犯のものと一致したのだ!現場に残されていた指輪は女性のものと思われたが
柔道経験者で体格もいい被害者が若い女性に殴打され意識不明になった、という状況に疑問を持つ。
すると、現場を調べていた真島らから鉄扉のノブから被害者の血痕が出たと知らせが入り、女性でも
犯行が可能だったことが分かった。一方、真島は唯と会うことが密かな楽しみになっていた。そんな折り
真島は、現場に落ちていた指輪はペアリングでさらにたった5組しか流通していない限定品で、唯がその
ペアリングの片方をしていることに気付く。武藤勇作(田辺誠一)が真島に「彼女から指輪について話を
聞け」と命じるが、加茂は「惚れた女性を疑うようなことをするな」と真島を止めようとする・・・!

写真入りあらすじはこちら

今日は真面目クン…もとい真島君が主役の話です。加茂ちゃんとは対の立場に居る
真島君の苦悩する場面が見れたかな~って思いましたね。(あの合コンでの場面を
見ると加茂ちゃんとのキャラの違いが凄くわかりますね(;^ω^A ァセァセ。)

それにしても…「刑事は疑うのが仕事」てな言葉を聞いた事がありますが…まさに
その言葉がピッタリの話しやったと思います。真島君は彼女を容疑者として見てた
てな言葉を言ってましたが、本当にその思いだけやったのかな~って思いました。
(じゃなきゃ、メール楽しそうに見たり、悩んだりしないですよね~)

でも、彼女はどういう気持ちで真島君に近づいたんだろう?って。時計をあげたのも
彼と喧嘩してムシャクシャしての腹いせやったし…。結局彼女には「愚痴を聞いてもらう
相手」としか見てなかったんでしょうかね?うう…何か辛いのぉ~。

そこでしゃしゃり出て来た加茂ちゃんの「完全に始末書」的な行動で真島君も
彼女も、犯人やった彼氏も救われたんじゃないかと思います。浜さんが真島君に
救われたんじゃないのか?って声をかけた場面が…この話を語ってるようでした。

加茂ちゃんの娘さんとか、別れた時の映像とかちょろちょろ出て来てますね~
物語は終盤に差し掛かってますよね~さぁ~どうなるんでしょうかね?

加茂伸之介~二連指輪の謎…5

いつもご訪問ありがとうございます。愛の一押しお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: