FC2ブログ

「刑事一代」感想なり…。

渡辺謙さんが久々にテレビドラマに出演って事で、楽しみにしておりました。
この「刑事一代」は実際に刑事として活躍されました平塚八兵衛氏の生き様と
その当時の日本の世界観とかも感じられる様な内容だったと思います。

渡辺さんと言いますと私にはNHK大河の「独眼流政宗」ですわ。「戦国系」が好きな
女性の方なら絶対にあの「政宗」のカッコよさに魅かれると思います(;^ω^A ァセァセ
「刑事一代」のサイトはこちら ★一夜のあらすじ ★二夜のあらすじ

私はこのドラマで扱った事件はもちろんリアルタイムでは見てないので、テレビの
情報で知ったりでした。「帝銀事件」「警備員殺人事件」が一夜のメイン事件でした。
このドラマの最大のヤマ場の「吉展ちゃん誘拐殺人事件」に平塚さん最後の事件の
「三億円事件」…この二つが二夜のお話です。

う~ん「帝銀」の方はあまりにも時代が古くって(昭和23年)何かあんまり面白い話の
内容に感じなかったんですが、警察同士のメンツやらで小樽へ犯人を捕まえに行く旅費が
出ない(警視庁の嫌がらせやん)ので、逮捕に踏み切れない時に課長が自分の家と電話を
担保に金を工面して逮捕に行ったのが凄い印象的でした。(仕事に懸けるって感じ)

「警備員」の方は「ルミノール反応」という科学的鑑定を覆す結果を平塚さんが見つけ出した
所に「刑事」としての執念を感じましたね。防水コートで犯罪を犯した為、証拠を立証
しようと血液をもらいに行き、そこで実験してしまうんですから。血をもらうって…。
また平塚さんが犯人の妻にお金を渡し、気遣いを懸けてる一面とかも良かったです。

「吉展ちゃん事件」ですが…今じゃプライバシー等で名前を事件名にする事は無いようです。
まぁ~この犯人と平塚さんとのやりとりは…鳥肌ものでした。(犯人役を萩原聖人さん
やってたんですが…実はこの方も好きな俳優さんです(;^ω^A ァセァセ)あの渡辺さんの
時には父親の様な優しい語り、そして刑事の顔になっての語りとか…。

もうもう~あのやり取りだけでお腹一杯って感じです。いや~正直「どうやって平塚さんは
落とすんだろ?」ってこっちまでハラハラもんでした。それにしても人間ってちょっと
油断すると「ポロッ」って出ちゃうんですね。あの「日暮里の大火事」の事を聞いて
平塚さんが電話をかけるシーン…あの手の震えが全てを語ってましたよね。

「3億円事件」…もし、今起こったら捕まってたでしょうか?警察側も操作とか科学的な
捜査力は進んでるけど、犯人もそれ以上に凄いかもしれませんもんね。
あの当時でも、アレだけの証拠品とか揃ってても捕まえられなかったんですもんね。

平塚さんは捜査の指揮を執ってましたが…自分のやって来た物が通用しないって
悟ったから退官したんでしょうね~。人間の本質って変わりますもんね。
「吉展ちゃん~」の様な「人情」での語りで落ちる様な犯人って今はどうなんでしょうね?

もし、今平塚さんが生きておられたらこの世の中どう思われたんでしょうね?
今なんて何の理由もなしに命を奪う人がいますからね。…このドラマを見て
単に刑事ドラマって言うのじゃなくって「人間ドラマ」だと思います。出ておられる
役者さんの素晴らしさも手伝って、面白いドラマでした。重厚感ばっちりですわ。

個人的には渡辺さんが、犯人のお墓(「吉展ちゃん~」の犯人は死刑になったんです)に
泣き崩れて土嚢に顔を突っ伏す場面が凄い印象的でした。いや~堪能しました。


刑事一代・写真
これが取り調べのシーンなのです。

いつもご訪問ありがとうございます。ポチッとお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィールヾ(*・ω・*)ノ

おくにとらぷー

Author:おくにとらぷー
★「好きなものは好き!~虎の部屋」の
野球ネタ以外のお部屋です。
★ヘッポコイラストと写真やドラマ「相棒」
ハムスター「きな虎」との日々や自分の
心の叫び日記
をメインに運営します。
★詳しい自己紹介はこちらから
★このブログの画像の無断使用等は
禁止しております。
★基本はリンクフリーですが
コメント頂けると嬉しいです。
★只今、コメント欄は閉鎖して
ますので拍手コメからお便り下さい。

どうか安らかに
ペットのお墓
メールフォーム[\/]
秘密のご意見、お便り等がありましたら こちらからヾ(*・ω・*)ノ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Amazon.co.jp
~Blog People~
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数: